古山です。

暑いですね。

最近、子どもへの接し方が柔和で親切であることが大事であることを、実感しています。

「これは、こういうことなのだ」

「こういうことをしてはいけない」

「こうすべきだ」

このようなものが、脅しを伴わず、深い理解に基づいていることが大事なのです。
そうすると、自由に生きられます。できれば、芸術の香りもあるといい。

私は、20歳ごろから、頭の中の対話が止まらなくなりました。
最近になって、ある程度止まる時間を持てるようになりました。
そうしますと、自分の中で何が起こっているか、いろいろ観察できます。

いろんな攻撃的な条件反射があるんですね。
それは、身体の感覚としてあります。
自分が失敗すると、胸と腹のあたりに、攻撃性がとぐろを巻いています。
身をさいなむような後悔。
「こうすべきだったのに、ああしなければよかったのに」という考えが湧いてくる。
これは、おそらく学校の不寛容な文化で身につけたものです。
父と母は、そんなにきつい人間じゃなかった。

「自分ときたら、あんなことをやらかして、こんなことをやらかして...」と
次々と否定的な自分像を造る。
その逆に「こんなことをしたぼくってすごい」
これも、たぶん、学校文化で身につけました。

「あいつは、オレにこんなことをした」と特定の個人を恨む。
これは、母がいつもやっていたのが、伝わったみたい。

自分が価値のないものに感じられるとき、
「今の時代の根源的問題は~である」、「今の教育ときたら」と、
頭の中で演説をぶつ。
これは、大学生時代に身につけました。
70年の学生騒乱のときのことです。若者特有の顕示欲、競争心。

こういうものはみんな、ちょっとの刺激で、ガーガー騒ぎ始めるんです。
みんな、やむを得ず身につけたものです。

それらは理屈にあったことを言っているように見える。
でも、観察していると実はみんな繰り返しばかり。
プログラミングされたロボットと同じ。
頭の中の対話に、新しい発見などありはしない。
みんな条件反射的な反応なのです。
この条件反射的な反応が、自由を奪っているのです。

自由がないこと。それは、自分でもどうにもならない感情の混乱。
恨み、憎しみ、敵意などを処理できないこと。
考えてもしようがないとわかりきっているのに、同じ事を考え続けること。
こういうものは、外に原因がないだけに、始末に困ります。

その起源の多くは、子どもに対しての苛烈さ、脅し、競争、賞罰です。

子どもに対して柔和で親切であることが、どれほど大切なものであることか。

そうだとして、子どもに柔和で親切であったとして、
過去に起こってしまったことはどうするんですか、という疑問が出てきます。
ところが、とても重要なことがあります。
そういう条件反射は書き換えられるのです。

我々は、過去に決定されてはいない。自分の自由を獲得できます。

自分のなかのとぐろを巻いているものを感じ取ったとします。
いままでは、正体を見ることもなく反射的に「なんてことを」と責め立てる言葉が出ていました。
ところが、とぐろを巻くものの正体を感じ取り見つめているだけで、
それを柔和に見つめるということが、新しい条件付けになるのです。

いま、まさにやっていることが、これから繰り返されるパターンになっていくのです。
注意深く、愛情を込めているほど、定着しやすいです。
それは、命令で自分を動かすことではなくて、深く感じることなのです。

最近、自分で頭の中のおしゃべりが止まった状態になれるのは、
条件反射の書き換えが、進んでいるからなんです。
とくに、身体のいろんな言葉にならない感覚に対する注意深さです。
これが、条件反射の鎖をほどきます。

子どもに対して何か問題を感じても、過去にさかのぼる必要はありません。
いま、柔和に親切に接することです。
すると、子どもの中に、新しい筋道が生まれてきます。

誰にとっても、意識を持っていること自体がたいへんなプレゼントです。
意識そのものが光なのです。
これ、自分じゃわかりにくいけれど、誰かに意識を向けてもらうとよくわかります。
誰もが、光を持っています。べつに奥深くにではなくて、当たり前のいつも使っているものとして持っています。